RPAと同じ様に、業務をオートメーションする方法として「マクロ機能」というものがあるようです。会社内のいくつかのシステム内で情報や業務工程を統合しているEAIや、それと同じような、情報の抽出、変換、加工するといった働きをするETLなどもマクロ機能を持っているようです。

このように、今まで業務上でよく耳にしていたマクロとRPAとの違いを考えてみましょう。

例えば、業務でよく使用するエクセルのマクロとは、エクセル内での作業を自動化する機能と言え、対象となるのは、あくまでエクセル内の情報か、それに連携することのできるソフトウェアに限られると言えるでしょう。

ブラウザの操作といったような、その他アプリケーションを自動化したりといったような処理は、エクセルのマクロでは自動化が困難であると言えるでしょう。

一方で、RPA導入によって自動化が可能と考えられる操作は、エクセルやワードといったような特定のシステムなどに限られないと言えるでしょう。システム以外でも、多様なアプリケーションソフトでも対象となり、アプリケーションとアプリケーションの間での連携も可能とされるため、縦横無尽に広範囲での操作といったものをオートメーションに切り替える事が可能と言えるでしょう。

ここがマクロとRPAの決定的な違いと言え、対象の業務範囲の広さが特長と言えるでしょう。オートメーション開発の作業にも違いがあるようで、マクロはプログラミング言語を利用し、専門知識を持った人材が必要であるのに対し、RPAでの開発は、専門知識のない一般社員でもすぐにオートメーションを実現することができる事が可能と言われているのもメリットと言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です