RPAの得意業務は、一言で言うと、人が「面倒くさい」と敬遠しがちな細かい単純作業と言えるのではないでしょうか。

例を挙げるとすると、エクセルなどを使用して作られた一覧表という形の情報を、専用の社内システムやアプリケーションといったものに入力していくといった業務ではないでしょうか。

他の作業に比べると、確かに単純とも言えるデータ入力というのは、表の列を確認しながら、ミスなく入力していかなければならないでしょう。こういった作業は、人が行う場合、入力先の確認をその度に行っていかなければなないと言え、効率的にはあまり良くないと言える業務なのではないでしょうか。

また、確認はしっかり行わなくてはいけないとは言え、単純作業をくり返していくというのは、人にとっては苦痛と感じてしまう人も少なくないでしょう。

しかし、RPAにとっては、こういった作業こそ得意分野としており、ルールに則ってスピーディかつノーミスでこなすことができるのがメリットと言えるでしょう。また、そのほかにも同一書式中に混砂利こんでいる情報を仕分けし、内容別の複数の社内システムなどに向けての入力作業や更新作業をするということも可能であり、得意分野と言えるでしょう。

こういった作業は、人がやろうとすると、多くの作業工程が必要となり、入力ミスなどが発生しがちと言えるでしょう。しかし、あらかじめルール化ができている作業であれば、RPAが瞬く間に遂行してくれると言えるでしょう。

また、多数の相手に別のデータを作成し送信する業務も、RPAならミスなく行えるでしょう。各店舗の担当者に、営業実績を個別送信しなければならないという時、基のシステムから条件検索し、合致情報の抽出、集計、加工、メール添付、担当者に送信といった作業は、RPAを活用し簡単に素早く処理することができ流でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です