ヨーロッパやアメリカなどの諸外国では、今まで専門企業に依頼していた業務工程といったものを対象にしてRPAが広まっていったと言われているようです。

業務工程を専門企業に依頼するのは、今まではコストを抑えるためというのが一番のメリットと言えたのに対し、今では委託先の人件費が高騰してしまい、費用の削減がうまく調整できなくなってきているようです。

そのことがきっかけとなり、また近年のソフトウェアロボットの普及により、人が行ってきた作業を代行してくれる「bot」と呼ばれるシステムや、業務を自動で行えるようなプログラムシステムなどの活躍により、RPAが急速に広まったのではないかと言われています。

なんといっても注目すべきは「人手不足の解消」ではないでしょうか。

日本でも、これからは「超高齢化社会」へ突入し、それに伴って労働者数が減っていくということが囁かれているでしょう。この事実が経済へ与える影響を考えると、明るい未来は到底想像できないということはわかるでしょう。

例え元気な高齢者や、外国人労働者といった人々に期待したとしても、人材不足は拭えないと言えるでしょう。

そこで大注目を浴びているのがRPAと言えるでしょう。

単純な知的業務のにおいて、RPAが人に変わって作業を代行することにより、完璧かつスピーディな情報処理業務が可能になるのではないでしょうか。

また、Return On Investment(ROI)と呼ばれる投資利益率の高さというのも注目理由として挙げられるでしょう。開発のためのコストが今までのソフトウェアと比べて安いことはもちろん、これまでの作業を変更することなく自動化できるとされるため、予測される作業時間から費用対効果がすぐ計算できるというメリットがあるでしょう。

これからの未来は、RPAにも発展し続けるAI技術が搭載されていくようで、その二つのテクノロジーを併用し、さらに高度な作業の効率化も期待できるのではないでしょうか。